花粉症対策・改善方法

2016年3月15日

b

一度なってしまうと完治させるのが難しい花粉症。私の場合、高校を卒業して東京に上京した翌年に花粉症になりました。生まれつきアレルギー性鼻炎だったので、最初はただの鼻炎かと思っていましたが、鼻炎とは違う鼻づまりの辛さがあり、また目も痒かったため、もしかしてと思い自宅近くの耳鼻科に行きました。嫌な予感はしていましたが、案の定、花粉症でした。

それから8年経った今も花粉症と戦っています。やはり完治させるのは難しいようです。症状を少しでも和らげるために薬を飲んだり、ネットなどで対策を調べて実践していますが、情報が錯乱していてどれが本当に効くのかわからなくなってきます。
そこで、私自身が実践して効果のあった対案を紹介していきたいと思います。個人差はあると思いますが、参考にして頂ければ幸いです。

まず、基本的なことですが、マスクは必須です。ただ、ここでポイントなのがケチって安いものを買わずなるべく高いものを買うことです。長年、いろんなマスクを使ってきましたが、高めのマスクのほうが防御力が高いです。マスク以外にも眼鏡もオススメです。最近では機能性の高い花粉用の眼鏡が売られているので、眼鏡屋に立ち寄ってみて下さい。

次に薬ですが、ドラッグストアに行くといろんな種類の薬が置いてありますよね。効き目はあっても眠くなったり、効き過ぎて口の中が乾燥してしまったり、私もいろんな薬を使ってきましたが、なんだかんだで、耳鼻科で処方された薬が一番バランスが良いです。なので、なるべく耳鼻科に行って点鼻薬などを貰うことをオススメします。

外出する際に予備のマスク、ティッシュ、薬は絶対に常備したほうがいいです。出かける前に薬を飲むかとおもいますが、念には念を入れて万全の備えをしておいたほうがいいです。

外出して帰宅した際、洗顔すると少なからず症状が治まります。
続いて食事での改善方法を紹介します。ネットや本で調べていろいろ食材を試してきましたが、中でも実感があったものは、ヨーグルトとハチミツとレンコンです。この3つはネットで調べるとだいたいオススメされていますが、やはり定番が一番です。
ここで注意していただきたいのは、なるべく毎日食べてもらうことです。

レンコンを毎日食べるのはさすがにキツいと思いますので、ヨーグルトでしたら手軽に食べれるので是非試してみて下さい。私がいつもやっているのはヨーグルトにハチミツをかけて食べる方法です。花粉の時期は毎朝食べていますが、少しは症状がマシになりました。あと、トーストにハチミツをかけて食べる方法などあるのでこちらも試してみて下さい。

もう一つ、注意していただきたいのは、私は新聞を読んで最近知ったんですが、花粉症の人は果物アレルギーになりやすいということです。
ビックリしましたが、ハチミツやヨーグルトと一緒に食べる際はネットなどで調べてから食べて下さい。

私もなんの果物がよくないのか調査中ですが、なるべく食べないように注意していきたいです。
さて、いくつか花粉症対策の紹介をしてきましたが、苦しんでいる人の力になればと思います。日々、辛いでが、頑張りましょう!