花粉症で大変だったことと対策

2016年3月15日

私が花粉症になって特に大変だったこととは、目のかゆみが止まらないこと、くしゃみが止まらないこと、鼻水が止まらないことの三つでした。

私が花粉症になったのは今から3,4年近くも前の話で、それよりも前は花粉症とは縁が全くありませんでした。
スギの花粉がひどくなる3月、4月辺りの頃から、急に鼻づまり、くしゃみなどがひどくなりました。
その時これはおかしいと思った私は、すぐさま病院へ行って診察を受けました。
結果は私が思っていた通りの花粉症でした。

医師の方のお話によりますと、これまで花粉症でなかった人が急になることもある、と教えてもらって自分が花粉症になったことが信じられませんでした。

それからは薬を処方してもらってしばらく投薬生活を送っていました。
花粉症になったことで苦労したことは、何よりも呼吸がしづらかったことでした。

口で呼吸をすることはできても、口の中が乾いてのどが痛くなってしまうため、こまめな水分補給を欠かすことができませんでした。
食事もとても大変でした。
鼻が詰まると食事の味が分からなくなるとは聞いていましたが、それは本当のことでした。

味が全く分からなくなってしまったため、何を食べても味が分からないだけではなくて、呼吸も辛かったので、食事することがとても大変でした。
薬を飲むためにも食事はしましたが、それでも鼻の詰まっている間は食事することがとても辛かったです。

他に花粉症になって大変だったと言えることは、ティッシュが手放せなかったことです。
さらさらと水に近い鼻水が止まることを知らなかったため、家の中では箱型のティッシュ、外を出歩くときはポケットティッシュが欠かせませんでした。

鼻をかんでもきりがなかったので、鼻を拭く程度にして何度も鼻水を取るのが大変でした。
くしゃみも何度もしてしまったために、家の中でも家の外でもマスクの装着はほぼ必要と言える状態でした。
私は花粉症の時期が近くなると行っている対策としては、まず表に出る時はマスクと花粉症防止のめがねをかけることです。
これだけでも完全に防げるとは思っていませんが、マスクやめがねを使うようになってからは花粉症が和らいだこともあるので、この二つの装着は今も欠かせません。

外出から戻ってきた時は、顔を洗い頭もそのまま洗うことにしています。
花粉は髪の毛にも付くと聞いてからは、顔と一緒に頭も洗って頭に付いている花粉を流すことにしています。
頭を流すことで寝具に花粉が付くのも防げるので、これでも花粉症が楽になりました。