私の花粉症対策について

2016年3月15日

c

数年前に花粉症デビューをしてから、毎年様々な対策を行って来ました。今思うと、デビューした年が一番症状が酷かったと思います。花粉症になったタイミングが3月の半ばだったため、花粉が飛ぶ前に使う薬や注射は使うことが出来ませんでした。そのため市販の薬を購入して凌いでいましたが、眠気を催すので日常生活に少し支障をきたしていたと思います。

翌年は症状があまり出なかったため、病院にも市販薬にも頼らずに切り抜けることが出来ました。私は朝起きた時と雨の日に特に目が痒くなったり鼻がつまって呼吸がしづらくなるという症状が出ます。それでも何とか薬無しで過ごすことが出来ていました。それから現在に至るまで、目の痒みや鼻水、鼻づまりといった症状は毎年時期になると出て来ますが、病院や市販薬にお願いすること無く何とか過ごすことが出来ています。

一番症状が酷かった花粉症デビューの年と、それ以外の年で違いがあるのかと考えた時、思い当たることが一つありました。それはデビューした年の翌年以降から毎日青汁を飲むようになったということです。デビューした年には青汁は飲んでいませんでした。

花粉症を改善する目的では無く、日頃の野菜不足を補うために飲み始めた青汁ですが、結果的に花粉症の症状を軽減する効果もあったのではないかと考えています。花粉症を治すことが出来るのかは分かりませんが、出来る限り薬に頼らず日常生活を送って行きたいと考えているので、青汁の効果はとても嬉しくありがたいです。

青汁を飲む以外では、毎日の食事で甜茶を飲むようにしています。花粉症に効くとされて有名な甜茶ですが、香りや味が少し独特なので飲み慣れるまで時間がかかりました。それでも薬を飲むよりは良いと思っていたので、毎日の日課として今では飲むことが当たり前となっています。甜茶の効果も出ているのか、やはり今はあまり症状が出にくくなっていると思います。甜茶も薬と同様に、花粉シーズンに入る前から飲むことで効果が高くなるとのことなのでシーズン前から飲み始めるように心がけています。

青汁と甜茶以外では、特に花粉症対策ではないかもしれませんが食事内容が炭水化物や脂質に偏り過ぎないように気をつけています。脂っこい食事の回数を減らしたり、野菜や果物を多く摂るようにしています。今のところ酷い症状は出ていませんが、食べ物や飲み物で対策をすることによって、今後も薬無しで我慢出来る範囲で過ごせたら良いなと思っています。