こまめに掃除をすることで、症状は改善されました

2016年3月15日

a

毎年、花粉のシーズンになると、鼻水や鼻詰まりの症状に悩まされます。そして、昨シーズンには、からだのかゆみまで出てしまいました。

この時には、びっくりして、皮膚の症状の専用の薬まで購入しました。しかし、薬に頼ってばかりでは、からだに悪いと思っています。そして、まずは、家の中の花粉の除去から考えるようにしました。

そこで、始めてみたのが、掃除の徹底です。それまでは、掃除といえば、3日に一度くらいのゆるいペースでした。しかし、もっと、こまめに掃除をおこなえば、家の中の花粉も除去できると考えたのでした。でも、毎日、重い掃除機をかけることは負担になります。あまり、面倒な方法では長続きしないと考えたのでした。

そんなことから、床用の使い捨てのお掃除シートを利用することにしました。これを専用モップにつけて、床をふくようにすれば、手間もかかりません。そのため、毎日おこなうことも簡単だといえます。また、手軽に花粉症対策ができると考えたのでした。
このようなことを習慣にしたら、だいぶ症状は緩和されました。また、薬などを飲むことも少なくなってきました。これに加えて、マスクも活用しています。マスクといえば、外出する時に使うというイメージがあります。しかし、就寝時にマスクを使うと、鼻水や鼻詰まりの症状は楽になります。

眠るときには、知らず知らずのうちに、花粉を吸いこんでいるのだと思います。就寝時にマスクを利用すれば、そういったことも、少なくなるのだと思われます。また、花粉というものは、喉にも症状が現れることがあります。喉の乾燥を防ぐことで、花粉症の症状を緩和することも可能なんだと思っています。

花粉症に効果があるといわれるサプリメントも飲んだことがあります。これについては、早い時期から飲み始めたほうが効果があるそうです。わたしの場合は、症状が出てから、慌てて飲み始めたので、少し遅かったかなあと思っています。

そのようなことを考えると、やはり、こまめに掃除することが、一番の対策になるのかなあと思っています。花粉だけでなく、ハウスダストなども、花粉症の症状の原因になるそうです。花粉と一緒に、そういったものも除去すれば、家の中の空気はきれいになると思われます。空気清浄機なども効果があるといわれます。

しかし、そういったものは、経済的な負担が大きいです。手軽な方法で花粉症の対策を考えるならば、使い捨てのお掃除シートを利用して、こまめに掃除をおこなうことが良い方法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です