花粉症に対していろいろな対策を行いました

2016年3月15日

zz

花粉症の季節になると、とても憂鬱となります。
花粉症に悩まされている人は、ほとんどの人が辛い思いをしていると感じます。
そしてその症状のなかで、特に辛いものとして鼻水があります。
これは、知らず知らずのうちに流れていることもあるので、恥ずかしい思いをします。
仕事をしていても、そのことが気になって集中力が欠如するということもあります。

またくしゃみについても同じです。
くしゃみをすることによって、迷惑をかけてしまうと辛い気持ちになるのです。
そのため、花粉症になるということは、自分の体がが辛いと思うことと、迷惑をかけてしまっているという、気持ちも辛さもあります。

そして目の症状も辛いですね。
目がいつもうるうるしている感じなので、見えにくいのです。
そのため、車を運転する時に慎重になります。

また、その他の体の不調もあります。
私の場合は、花粉症の季節になると、必ず頭痛があるのです。これもとても辛いです。

そのため、これらの症状をできるだけ、予防をしたいと思って取り込んでいることがあります。
そのことについて、まとめてみました。

・マスクをする
マスクをするということは、鼻と喉を守ることができます。
しかも、防御性の強いマスクを使用することにしています。
医療現場で使っているマスクが、一番いいと感じています。

・うがいをする
マスクをすることと同じように、喉を守るために、うがいをすることにしています。
外出をしたときには、必ず行っています。

また、水分をできるだけ取ることも必要です。

それは、水分を取らないと喉が乾燥をしてしまうからです。

乾燥をすると、ますます花粉がつきやすい状況となるので、そのことを避けるように水分を取ることにしています。

・メガネを使用する
特にひどいときには、花粉症対策のメガネを使用することがあります。
このメガネは、少し大げさな感じがするので、使用したくないと思ってしまいます。

しかし、どうしても仕方がないと思って利用することもあります。

・薬を飲む
薬を飲むと、眠たくなることがありました。
そのため、一時やめていたこともあります。
最近では、眠たくない薬を飲むようにして花粉症対策を行うこととしています。

・北山村産のじゃばらサプリ

北山村だけで採れる幻の果物であるじゃばらを使ったサプリがあります。

サプリをタイプなので携帯も楽で、飲むのも苦労はありません。

これを使ったら鼻も目も一変に楽になりました。

じゃばらサプリ是非どうぞ。

http://jyabara.net/

花粉症は、人それぞれにその症状に違いがあります。
私の場合は、まだマシなほうかもと思っています。

また、ストレスがたまったりした時にも、その症状が強くなることもあるので、ストレスを溜めないように毎日の生活を送ることにしています。